笑顔の人たち

天然成分が豊富なn-アセチルグルコサミン|サプリで栄養補給

40から50代に多い疾患

メディシン

主な症状

更年期障害とは、女性が閉経を迎える更年期と呼ばれる時期に、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが減少してバランスが乱れ、それによって身体的、精神的に悪影響をもたらしてしまう症状の事です。主に40〜50代が多いと言われていますが、更年期には個人差があります。更年期障害の主な症状は、体がほてるホットフラッシュです。その他にも、のぼせや胸の痛み、動悸、めまい、ふらつき、むくみ、また、精神面においても、不安な気持ちになったりイライラしたりなどの症状が現れることがあり、人によって症状は様々です。更年期障害は、風邪や単なる体調の悪さと区別がしにくい症状のため、このような症状に気づいた場合は、病院へ行き検査を受け、適切な治療を行うことが大切です。

効果的治療法とは

更年期障害の治療は、主に薬によって行われます。主に病院で処方される薬は、「ホルモン補充剤」や「漢方薬」です。ホルモン補充剤は、更年期障害の原因となるエストロゲンの減少を補助し、エストロゲンを増加させることによって症状を緩和させることのできる薬であり、広く疲れているものです。また、近年では漢方薬を使った治療も一般的になっており、主に用いされているのは、動悸やめまい、ふらつきなどを緩和させる「帰芍薬散エキス」と呼ばれるものや、不安やイライラなどの精神的症状を緩和させる「加味逍遥散エキス」などです。その他にも豊富な種類の漢方薬が存在し、自分の症状の種類や度合いによって適切なものを選択して服用することが大切です。